布団 捨て方 日高市

不用になった布団を粗大ゴミで出すとなったら、重くて大変!
でもいらない布団は早く処分したいですね。
粗大ごみ出しを手伝ってくれる人がいる場合は、自治体に連絡して処分したほうが、安いのでお得です。

家具やソファーなどの重いものなら、不用品回収の業者さんに依頼すれば、家まで取りに来て運び出してもらえるので楽に処分できます。
お金はかかりますが、もし腰でも痛めたらもっと大変なことになってしまいますよ。


スポンサード リンク

日高市布団の捨て方

日高市の布団の捨て方について、日高市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく布団の捨て方情報を提供されています。
日高市ホームページの中から布団の捨て方のページを探し、日高市の布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。
布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。

 

布団を捨てない方法をお探しの方は布団クリーニングページをご覧ください。

 


スポンサード リンク

 

日高市布団の捨て方主な内容の紹介

 

日高市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で布団の捨て方が記載されています。

 

不要ふとんの回収(無料)
市内在住の人(事業者は不可)
環境課窓口でのお申し込みまたは、はがきで事前にお申し込みとなります。電話でのお申し込みは受け付けていません。

 

受け入れ品目
敷・掛けふとん(綿、羊毛、化繊、ポリエステル)、ウレタンマットレス、こたつ布団

 

受け入れできないもの:羽毛ふとん、座ぶとん、枕、クッション、ぬいぐるみ、磁気マットレスなど

 

受け入れできないものは今までどおり、50センチメートル四方以内に切り、可燃ごみの日に束ねて出すか、市ごみ収集運搬許可事業者に依頼(有料)してください。
羽毛ふとんは切らないで、丸めてひもなどで縛り、「羽毛」と表示して「可燃ごみ」の収集日に出すことができます。

 

申し込み
下記のいずれかの方法でお申し込みください。

 

環境課窓口で直接申し込み(日高市役所3階)
郵便はがきで
希望日
氏名
住所
電話番号
持ち込み枚数
を明記し、下記へ郵送してください。

 

申し込みは1世帯につき、各月はがき1通まで。
申し込み多数の場合は抽選の上、郵送で結果のお知らせがあります。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。
不要ふとんの回収

 

 

お問い合わせ先
環境課 廃棄物対策担当 (本庁舎 3階)

 

郵便番号:350-1292 日高市大字南平沢1020番地
電話:042-989-2111(代表)
ファックス:042-989-2316

スポンサード リンク
page top