不用になった布団を粗大ゴミで出すとなったら、重くて大変!
でもいらない布団は早く処分したいですね。
粗大ごみ出しを手伝ってくれる人がいる場合は、自治体に連絡して処分したほうが、安いのでお得です。

家具やソファーなどの重いものなら、不用品回収の業者さんに依頼すれば、家まで取りに来て運び出してもらえるので楽に処分できます。
お金はかかりますが、もし腰でも痛めたらもっと大変なことになってしまいますよ。


スポンサード リンク

日立市布団の捨て方

日立市の布団の捨て方について、日立市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく布団の捨て方情報を提供されています。
日立市ホームページの中から布団の捨て方のページを探し、日立市の布団の捨て方を紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。
布団の捨て方は住んでいる地域のルールに従い、間違った布団の捨て方をしないためにも地域のルールをチェックしておきましょう。

 

布団を捨てない方法をお探しの方は布団クリーニングページをご覧ください。

 


スポンサード リンク

 

日立市布団の捨て方主な内容の紹介

日立市のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で布団の捨て方が記載されています。

 

布団 捨て方 日立市
■布団の捨て方日立市のページ主な内容

 

ふとんは粗大ごみです。
粗大ごみ(大)(中)は、電話で受付をして、御自宅の玄関先から回収になります。

 

日立市の委託を受けた日立市シルバー人材センターが回収をします。
回収するものの大きさによって、粗大ごみ処理券(1枚620円)が1枚または2枚必要です。
申込み・問い合わせ先
受付センター 0294−21−5326(月〜土曜日9時から5時まで)

 

 

粗大ごみ(大)(中)とは
粗大ごみ(大)(中)に分類されるものは、市の専用袋に入らないもの(燃えるごみ10リットルから45リットル、燃えないごみ30リットル、粗大ごみ(小)45リットル)です。
例えば布団やジュータンなど、燃えるごみでも袋にはいらないもの。イスやタンスなど、粗大ごみでも(小)の袋に入らないものなどです。

スポンサード リンク