布団 捨て方

不用になった布団の捨て方

不用になった布団の捨て方を紹介します。使わなくなった布団をいざ捨てるとなった時、現在では簡単にゴミとして捨てることも難しくなっています。捨て方がわからないとか面倒だからと押し入れにしまったままになっている布団、そういった不用になった布団の捨て方を地域別に紹介します。

布団の中の猫

 

季節も変わって、暖かくなると掛け布団は押し入れに入れたまま、でも押し入れにはもう使わなくなった布団が押し入れの肥やしとなっていたりします。
買い替えたときに捨てておけばよかったと思いながらも、とりあえず押し入れにしまい込んでしまってそのまま時が過ぎてしまうのです。

 

1年間使わない布団は、これからも使わない可能性が大きいと思います。
そういった、使わなくなってしまった布団を処分して押し入れの整理整頓をしてみてはどうでしょう。

 

今はごみを捨てる場合に、お金が掛かる事が当たり前になっています。
布団を処分する事が出来ない理由に、どうしたら良いか分からないという場合もあると思います。

布団

それぞれのお住まいに配布されたごみの出し方パンフレットに、布団の処分方法が書いてある場合もありますので、確認してみてはどうでしょうか。または、自治体のホームページでもごみの出し方について紹介されていますが、ホームページを見てみるとなかなか見つからない場合がほとんどです。
  • 地域のごみのルールを確認してみると、地域によっても違いますが、燃えるごみや粗大(大型)ごみに分別されるのが一般的です。
  • 指定の燃えるゴミ袋に入るようであれば布団は燃えるゴミに出しても良いというところもあります。
  • 燃えるごみなら分かりやすいと思うのですが、粗大ごみとなると手続きや手数料などと言った地域のルールがありますので注意が必要です。
  • 事前に電話予約して収集に来てもらう方法と粗大ごみを直接指定された場所に持ち込むなどの方法がありますが、やはり時間や手間がかかってしまうのが粗大ごみなのです。

 

布団は何ごみなの?

布団の原料といえば綿・羽毛・羊毛・化繊そして布を使っています。
家庭に必ずある布団ですが、この布団が不用になった場合はどうやって処分すればよいのでしょうか?
布団自体はすべて燃えるものなのですが、大きいので可燃ごみとして布団は出せません。

 

地域によっては羽毛・化繊など可燃ごみ袋に入るようであれば可燃ごみに出せる地域もあります。または燃えないごみだったりと様々な出し方がありますが、布団は粗大ごみとして処分するように定めている自治体が大半です。

 

布団を粗大ごみとして出す場合には無料では出せない場合もあり、粗大ごみ処理券を購入する自治体もたくさんあります。布団の粗大ごみを自宅に回収に来てもらう手続きや、自分で搬入する場合など、どのような手続きが必要なのかについても調べることが出来ます。
粗大ごみ処理券は数百円の手数料がかかる場合があります。

 

当サイトでは不用になった布団の捨て方について地域別にご紹介します。

 

布団を捨てる時の注意点

布団から羽毛を燃えるゴミ袋につめかえて少しずつ燃えるゴミの日に出そうなどとすると、非常に手間がかかって部屋も散らかってしまうのでおススメ出来ません。
リサイクル業者に頼む場合は、有料(粗大ごみ料金より高い)となりますので事前によく確認してください。

 

ちょっと待ってください!
まだ使えるけどダニとかが気になるから処分を考えているなら、布団クリーニングで丸洗いはいかがでしょう。
■詳しくはこちら→布団クリーニングのページをご覧ください。

 

まとめ

  • 粗大ごみとして布団を処分する方法を紹介しました。
  • 粗大ごみを処理場に持っていく方法もあります。
  • リサイクル業者に出す場合は有料サービスになります。
  • 住んでいる市区町村のルールに従って布団を処分しましょう。
  • 布団クリーニングで丸洗いする

 

【PR】
パソコン処分 プリンタ処分 パソコン廃棄 冷蔵庫処分 テレビ処分 洗濯機処分 花屋  不用品処分 ソファー処分 遺品整理

更新履歴